0120-76-0084

相続税の計算方法

相続税は以下の計算式で計算することができます。
「相続税額=(遺産総額(1)—基礎控除額(2))☓相続税率(3)—税額控除」
では、それぞれの項目について見てみましょう。

(1) 遺産総額

1 プラスの資産

プラスの資産とは、現金、不動産、株式、生命保険などの価値のある資産のことを言います。例えば、土地の資産価値であれば、積算価格にて算出することができます。

2 非課税資産

非課税資産とは、言葉の通り相続しても課税されない資産のこと言います。大きく以下のような資産が挙げられます。
墓地、仏壇など日常礼拝をしているもの
宗教などで公益な目的とする事業に使われたもの
生命保険金のうち「500万円☓法定相続人」までの金額
など。非課税資産について詳しくは、国税庁の「相続税がかからない財産」をご参照ください。

3 マイナスの資産

マイナスの資産とは、借入金や未払金などの負債資産のことを言います。例えば、融資による購入した不動産を相続した場合、その借入金がマイナスの資産になります。

4  葬儀費用など控除できる債務

葬儀費用などの債務は、相続税を計算するときは遺産総額から差し引くことができます。なお、控除できる債務については詳しくは、国税庁の「相続財産から控除できる債務」をご参照ください。

(2) 基礎控除額

1  そもそも基礎控除額とは

そもそも基礎控除とはなんでしょう。相続税は相続した財産が一定額を超えた場合に初めて発生します。基礎控除額はその一定額のことを言います。

2  基礎控除額の計算方法

基礎控除額は以下の計算式にて計算することができます。
「基礎控除額=3,000万円+600万円☓相続人数」
例えば、相続人数が2人の場合、基礎控除額は「4,200万円」になります。

(3) 相続税率

相続税の課税額に応じて、税率が変わります。
相続税の税率については、詳しく国税庁の「相続税の税率」をご参照ください。

ご相談は無料です!お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ
PAGETOP